Skip to content

20代という年齢は、女性の肌が大人として完成してく

20代という年齢は、女性の肌が大人として完成してくる時期です。そんな時期にスキンケアなんてしなくていいやと漠然と思っていませんか。

それは危ない考えです。

シワの土台って、20代でつくられるんです。ただ年をとるだけでシワができると思っていたら間ちがいです。反復される乾湿や紫外線など外部刺激をうければ容易に発生します。

表面化しなくても蓄積しているというのを認識したほうがよいでしょう。健康的な肌ほど人に好印象を与えるものはありません。20代から計画的なスキンケアは必要不可欠だと思います。一般的に、基礎化粧品を使用する順番は個人差があると思います。

私は日常的に、化粧水、美容液、乳液の手順で使いますが、最初に美容液を使用するという人物もいます。実際、どの手たてが一番自分のお肌に合致しているお手入れ方法なのかは現実に試してみないと腑に落ちないのではないでしょうか。

透き通るような白い肌だっ立ときにくらべ、加齢と一緒にシミが増えるのは、がっかりするものです。若い人の肌が目に入ってしまうと、輝くばかりにきれいで、メイク映えしているので嫉妬してしまいます。

今この時からでも若い肌を保ち続ける努力をして、シミがこれ以上増えないようにするつもりです。

シミは紫外線と肌の老化が大きな原因になるということは有名ですから、日焼け対策とアンチエイジングで肌の抗酸化を忘れないようにします。

一般的に、肌のシミの犯人といえば紫外線ですが、シミに大きな影響を持たらすもう一つの原因がホルモンバランスの乱れにあることは知っていますか?ひとつ例を挙げるとしたら、この頃になってCMなどで耳にすることが多くなった「肝斑」になります。

この肝斑はホルモンバランスの乱れによってできるシミの代表であり、この患者となりやすいのが妊娠中や出産(最近では、旦那さんが同室で見守る立会い出産なども増えていますね)後の女性であるということが判明しているのです。

他にも、肝斑はピルの服用によっても発症が促されるということが知られていて、原因が紫外線のシミと比較して完治する可能性が低いといったことも他のシミとの大きなちがいです。

たとえば、紫外線の量が同じだとしても、肌に出来るシミは人それぞれです。

それはつまり、紫外線がシミになりやすい肌があるのです。具体的に申しますと、人が羨むような白くてきめの細かい肌のことです。見分けるコツとしては、太陽の日差しで肌が焼けた時、黒くならず、赤くなってしまう人がそのタイプです。美しい肌はデリケートですから、注意が必要でしょう。肌のシミ対策に有効な飲み物と言えば、赤く爽やかな味わいのローズヒップティーです。

レモンとくらべて20倍以上というほどのビタミンCを贅沢に含み、体の中から退治したいメラニンに効き、美しい肌に欠かせないコラーゲンの生成を促進してくれるので、シミが出来にくいお肌を取り戻し、透明感あふれる肌へ変化していくでしょう。

抗酸化作用にも優れており、お肌の老化にストップをかけるのにも役たちます。美肌になるためにバランスの良い食事は絶対的に必要です。青汁は特に身体にとって必要な栄養を取ることができるため肌にも効くといわれています。食生活を改めると伴に適度に、体を動かし代謝を上げるために入浴やスキンケアは肌にあったものを使用するなど美はま指しく一日では確立しないのであると感じます。煎茶や玉露などの緑茶はカテキンがとても豊富です。カテキンは、ビタミンCの減少を防いでビタミンCの力を十分発揮させる作用があるのです。

活き活きした白い肌を保つためにビタミンCは必須の栄養素なので、緑茶からビタミンCとカテキンを体内にとりこんでいけば、表皮にメラニン色素が残り、シミができることを結構抑えることができるんです。美顔器類には、イオン導入器や超音波美顔器、美顔ローラーのようなものも色々、種類(時には新しく発見されることもあるようです)がありますが、超音波美顔器やイオン導入器を使うと効果を感じます。スキンケア用に使う化粧品は、肌の弾力とハリのための成分が配合してあるものを選んだ方がいいでしょう。成分としてあげられるのは、ビタミンC誘導体やヒアルロン酸配合などがたいへんいいです。出産(最近では、旦那さんが同室で見守る立会い出産なども増えていますね)を終えても当分の間、女性の身体は出産(最近では、旦那さんが同室で見守る立会い出産なども増えていますね)前とはホルモンバランスが急激に変わったこともあって、色々なトラブルに見舞われます。中でも肌荒れ、シワの増加など肌のトラブルは自覚しやすく目たちますから、悩まされている女性は多くいます。プロゲステロンやエストロゲンといった女性ホルモンの分泌が出産(最近では、旦那さんが同室で見守る立会い出産なども増えていますね)を終えた途端、急にその量を減らし、その影響で肌は水分を失いやすくなり、容易に乾燥状態になります。

乾燥肌は大抵の場合、敏感肌でもありますので、そんな肌に無用な刺激を与えない、無添加の製品などを使って他はともかく、保湿だけは忘れないようにしましょう。

Published in未分類