Skip to content

出産後と、それに続くしばらくの期間の女性の身体

出産後と、それに続くしばらくの期間の女性の身体は妊娠期から出産までの体内ホルモンバランスから大聴く変化してしまい、様々なトラブルに見舞われます。中でも肌荒れ、シワの増加など肌のトラブルはよく見られ、かゆみも出て気にしている女性も多くいるようです。妊娠継続中ずっとつづいていたプロゲステロン、エストロゲンといった女性ホルモンの分泌が出産後はいきなり量を激減し、更にストレスや睡眠不足で肌の大事なバリアの機能が低下し、乾燥しやすくなってしまいます。

それに、敏感肌になる人も多いようですから、そんな肌に無用な刺激を与えない、無添加の製品などを使って何よりも保湿を重視したスキンケアをつづけましょう。ホルモンのバランスは出産後半年ほどでもとに戻るとされています。カビが生えやすい時節と言えば、やはり梅雨ですが、高温多湿な時節は、私達の肌に日頃から存在している菌もいつもより多くなります。中でも、マラセチア菌(真菌)が悪さをすることによって発症するいわゆる「でん風」という皮膚病があるのですが、これは全身、どこにでもできる可能性があります。

茶色いシミのように発症するでん風もありますが、色素が抜けたように白くなるでん風もあるのです。いっつものシミとは何か違うかな?と思われたら、皮膚科を受診された方がよいでしょう。

肌トラブルで一番多いのはカサカサではないでしょうか。カサつきはとてもやっかいで、それに起因して小じわが出来てしまったり、肌荒れにまでなってしまいます。そこで効果があるのが、化粧水をお風呂上がりにすぐつける事です。お湯を浴びたにもか替らずお風呂上りは肌が一番乾燥しているので、10秒以内を目指して化粧水をつけるのがあるべきケア方法です。

念入りにお肌の手入れやUV対策もしていたのに鏡を見てびっくり!顔にシミができてるなんてことがあります。ほとほと嫌になるシミの悩みを持ってらっしゃる方も大勢いるでしょう。沿うなってしまったシミを目立たなくするにはビタミンCの積極的な摂取が欠かせません。健康にもいいですが、美白のためのビタミンCでもあるのです。

とは言っても、ビタミンCを多くふくむ食事だけをする訳にもいかないですよね。

そんな方はビタミン剤などのサプリメントを使うのも簡単に摂取できる方法です。アトピー性皮膚炎の方は、どんな肌手入れの方法がおすすめなのでしょう?アトピーの原因は完璧に解き明かされている訳ではありませんから、これでミスはないといったようなスキンケア法や治療法等はありません。

でも、アトピー性皮膚炎の方は、わずかな刺激や体温上昇で症状が出てしまいますから、普段から出来るだけ刺激を与えないことが大事です。

お肌に現れたシミに悩んでいる方はたくさんいらっしゃる事でしょう。肌にあるシミを薄くする効果が期待できる食物に挙げられるのが、はちみつなのです。

積極的にはちみつを食べることで、シミのもとになっている色素を目立たなくなる働きがあるため、お肌に沈着した色素、言い換えると、シミ、ソバカスなどを薄くする効果があるのです。

顔にできたシミを気にされているのならはちみつをお勧めいたします。試しに買ってみてはいかがでしょう。

私は普通、美白に配慮しているので、時節を考えず一年中、美白タイプの基礎化粧品を使っています。

やっぱり、利用しているのと利用していないのとでは著しく違うと思います。美白種類の物を使い出してからはシワ、シミやくすみが予想以上に無理を感じ指せなくなりました。個人差は持ちろんあるとは思いますが、だいたい38歳頃には、シワは顔に定着するようです。

この年齢になってくると、中々身体の疲れがとれないことを実感しますし、目の下からどいてくれないクマや、見たくもないほうれい線がなんだか急に存在感を大聴くしてきた気がします。38歳以前は、肌が疲れているな、と感じても、ちょっとしたケアをしてあげれば次の日の朝には復活を遂げていたはずになりますが、38歳になって、またそれ以降は肌がげんきになるまでに、おもったより時間がかかるようになってしまい、疲れが残った状態がつづいてしまっているのです。寒くになって乾燥が酷いため、エイジングケアの化粧水に置き換えました。案の定年齢肌に特化した商品ですし、価格も高価なだけあって効果を実感します。化粧水だけで肌がもっちりと水気を帯びるので、次の乳液なども薄くのばすだけでいい感じです。次の日の肌にハリが表れて、ファンデーションもきれいについて十分に感じるので、今後も使用を継続します。

女性のお肌の悩みで、特に30代、40代に多い「肝斑」という肌トラブルがあります。

両目の目じりの下の頬よりのあたりにちょうどクマのような感じにできるシミのことです。女性ホルモンが肝斑に関与しているのではないかと考えられていて、肝臓の調子が悪いから出るといったものではありません。肝斑の治療方法としては、トラネキサム酸を摂るとよいとされており、内用薬として、大手化粧品メーカーや製薬会社などから市販されています。

肝斑は特殊な症状ですので、一般的なシミ改善法を試したところで効果が期待できないのが実情です。

Published in未分類