Skip to content

体調が崩れやすい時節の変わり目、それから過酷な夏が終わ

体調が崩れやすい時節の変わり目、それから過酷な夏が終わったばかりの秋から冬にかけての時季、お肌の乾燥注意報が心の中で鳴り響いています。うっかりすると目の周りなどは細かいシワだらけになってしまっているし、ひどくなると乾燥が進んで赤く腫れる場合持たまにあります。

これらの危険な時期、スキンケアは入念におこなうようにしていますが、基本の化粧水や乳液でのケアだけでなく、とうとうオイルを試してみています。

お肌に使うオイルはなるべくならいいものを、と考えていますが手始めにホホバやココナッツを主に使っています。

近頃、肌の調子上がらなくてどうしたらいいかな、なんて鏡を見てつくづく思ってしまうようになってしまったら、毎日のご飯の内容を見直し、変えてみることをお奨めします。

ご飯の内容が変わると、肌の調子もだいぶ違ってくることがわかるでしょう。

そして、シワ、シミなど肌トラブルの改善も期待したいところです。なにしろ私たちの身体は、毎日摂りつづける食べ物によってできているのですから。自分の食べる物を自分でしっかりコントロールするこの方法は、思い立った時に始められるアンチエイジングだと言っても良いでしょう。ご飯の品質を変えるのは、習慣もあって中々難しいところもあるかも知れませんが、それだけに効果は大きいので是非お試し下さい。ガングロというと懐かしいような気もしますが、最近になって再び、ブームの予感です。

数あるスタイルの一つとして落ち着き始め立とも言えますが、心配なのはお肌のシミです。どんな方でもではないと思いますが、やはりガングロ卒業後にはより多くのシミが通常の場合より現れている傾向にあります。最近、私はエッセンシャルオイルを使用してひとりで楽しんだり他の方にも喜んでもらってます。中でもアロマオイルの香りが大変気に入っており癒しが得られます。

エッセンシャルオイルは心身の健やかさやストレスの解消、リラクゼーションに効果的なようです。植物の香りは心と体の悩みを穏やかに回復してくれるので、肌ケア化粧品のような感じで使っています。

お肌にはその人の年齢がよく出ていると思っています。

シミやシワが静かに降り積もって年齢を語ります。

わかりやすいのは、目の下でしょう。この部分は細かいシワもでるしクマも居座るしで、年を経るに従い、この部分に悩む人も増えていくようです。

肌の健康のバロメーター、大切なハリやツヤが加齢を原因として消えていくと、つまりは肌がしぼんだということなので、その分シワが出てきます。顔に限定しますが、どこにできたシワで多くの人は悩むのか、ということですがこれは目の周り、特に目尻や目の下あたり、それから眉間とほうれい線といっ立ところでしょうか。

梅雨と言えばやはり、カビが心配な時節ですが、気温が高く、湿度も高い。

そんな環境では、私達の肌の常在菌も増えやすくなってしまうのです。中でも、マラセチア菌(真菌)が悪さをすることによって発症する「でん風」と呼ばれる皮膚の病気は、体の部位を選ばず発症します。

一見、シミのように見える茶色いでん風もありますが、真っ白い、色素落ちのような症状を起こすものもあります。

違和感を感じるようなシミを見つけたら、皮膚科を受診された方が良いでしょう。

肌トラブルと言えば、女性のよくある悩みでしょう。お肌の老化に伴って増えてくるシミに悩まされるものです。ビタミンを摂取する事が、シミの対処法として有効でしょう。

特にビタミンCは、シミの予防だけでなく今あるシミを改善したり、なくす効果も期待できます。より多くのビタミンを摂れば肌が健康に保たれます。一日2リットルの水分を欠かさないことが全身の代謝を活発にすると考えられています。

もちろん、お肌にも水分補給は必要です。水分不足はお肌の血行を悪くし、老廃物が分解・代謝されなくなり黄ぐすみの原因になるためす。それに加えて、肌全体が乾燥してしまい、顔全体にシワが増えて増えて目立ってきます。

水分不足にはくれぐれも気をつけましょう。

しごと柄、同業の人たちとスキンケアの話をしていて思い当たったことがあります。それは、肌質がシワに影響するということです。もち肌みたいに柔らかい肌質は、シワが出てくる年齢が遅くなる傾向があります。

いずれシワシワになるとしても、若く見える年数が長いほど嬉しいですよね。だからスキンケアは放置してはいけません。私の場合は、炭酸パックを始めました。つづけているとわかるのですが、肌の柔らかさが気のせいじゃないと思えるようになった頃から急に、シワが気にならなくなってきて、びっくりしました。みなさんとスキンケアの話をし立ときも、肌の柔軟性とシワの関係って「あるある」と盛り上がりました。

老いに逆らう食べ物を食することにより美しい肌を維持することが実現可能です。

大豆などの豆類、白ゴマなどのゴマ類、ワカメなどの海藻類、ニンジンなどの野菜、鯛などの魚類、シイタケなどのキノコ類、玄米などの穀物類、ジャガイモなどのイモ類、ヨーグルトなどの乳製品、野菜の中でも色の強いトマトやナス、タンパク質を確実に口にすることにより若返りに効果的です。

Published in未分類