Skip to content

摩擦による刺激はお肌にとって大敵だと言

摩擦による刺激はお肌にとって大敵だと言ったことは充分わかっているつもりです。それでも思わず、力まかせにごしごしとクレンジングやら洗顔やらを行ったり、クリームとか保湿剤をべたべたと塗り込みがちです。

クレンジングのときには、お化粧汚れとソフトに一体化指せるようなイメージで、優しく指の腹で行うのがよいでしょう。

念押しになりますが、とにかく脱力!を心がけ、刺激を与えないよう、ソフトに指の腹で丸をくるくると描くようにする、と言ったのが理想的なやり方ですが、ついそれを忘れて無駄な力を入れてしまい、お肌に摩擦刺激を与えてしまうのです。お菓子はおいしいけれど食べ過ぎると肌のトラブルの原因になりますよね。

そのような時には食べ物を見直しましょう。

スキントラブルに効く魔法の食べ物は納豆であるのです。納豆が内包するビタミンBが新陳代謝を推進してくれます。

一日一パック納豆を食して肌トラブルを解消しましょう。自分がアラサーになって気づいたのですが、シワが出やすい肌タイプってあるようです。肌の薄い人がどうやらそれみたいで、シワが急に増えてきたり、できやすいように思ったら、自分の肌質を確認してみましょう。

部分的に白く粉っぽくなるほどの乾燥肌なら、気をつけるべきです。

もともとそういう肌は外部からの刺激に弱く、水分保持能力も低いので、劣化(老化)が進行しやすいです。

また、加齢によって皮膚は薄くなりますし、たまたま血色が悪い・乾燥していると思わずに、自分の現在の肌質と年齢に合ったケアを意識(高く持たないと成長できないといわれています)しておくのがいいでしょう。

早いうちに適切なケアをするのが肝心です。敏感肌に対するスキンケアを行う場合には、肌の乾燥を予防するため、十分な保湿が大事です。保水にはいろいろな手立てがあります。保湿専用の化粧水やクリーム等が多数揃っていますし、メイク用品にも高い保湿効果をもつものがあります。保湿に適したセラミドが配合されているスキンケア商品を使ってみるのもいいのではないでしょうか。

以前は気にならなくても、加齢と共に、次第にお肌のシミが気になりだします。気になって仕方がないシミには、漢方をお試し下さい。

ただ、漢方の効用はダイレクトにシミに効くと言ったよりも落ちていた体の代謝を改善することで、体がシミを創りにくい状態になったり、シミの悩みを少なくしていきます。飲むことで体の調子も良くなりますから、シミ対策として漢方を選ぶことで、健康的な体にもなれるでしょう。いろいろな美白成分の中でも、肌のシミ対策にはプラセンタが一番有効成分です。

嫌なシミとなるメラニンが生じるのを抑える作用があります。また、身体に素晴らしい作用をする成長分子を含んでいて、細胞の入れ替わりが活発になり、不必要な角質といっしょにシミもとれやすくしてくれます。

さらにコラーゲンの生成も高めるなんて効果もあるため、美しい肌へと生まれ変わりやすくなるでしょう。

女性にとっては言うことなしです。もっとも気になる体の部分は顔だと言った人が大部分でしょう。その大切な顔の大切なお手入れは洗顔が基本中の基本です。顔の汚れや過剰な皮脂を洗い流す事からお手入れが開始するからです。洗顔では石鹸、クリームの泡立ての方法が大切です。必ず泡立てネットを使ってふくらませて泡で包み込んで洗顔します。若いうちから肌にこだわる人は、なかなかいないかもしれません。どちらかといえば、肌に無頓着な人の方が多いようですが、肌のケアをほぼ放棄して、自分はまだ若いし肌も丈夫だし問題ない、なんて思っている人はいないでしょうか?20代の肌にだって、普通にシワはできます。

シワが発生する原因としては肌に与えらえる紫外線の刺激や乾燥によるダメージですが、それらのダメージが一日一日と積み重なって肌にゆっくり少しずつ、影響を与えていきます。

そういう所以ですから、ハリのある瑞々しい肌を維持したいのなら、なるべく20代のうちから、毎日の肌のケアをした方がよく、そうした積み重ねによってしか、美しい肌を長く維持すると言ったのは難しいと言えるでしょう。シワの原因をご存知でしょうか。これはいくつもあるんですが、最も大きな原因とされているのが乾燥なのです。お肌の水分不足は、その通りお肌の乾燥につながって、皮膚表面のシワが増えて行く事になります。ところで目尻はシワの目立つ場所としても良く知られていますが、ここは皮脂の分泌量が少なく、他より比較的乾燥に弱いことが知られており、他より早く、小ジワの出現が見られる部位です。

それからこれも加齢に伴う自然現象ですが、皮膚の張りを保っているコラーゲン、ヒアルロン酸(豊胸手術や鼻を高くしたり、シワを除去する整形手術などでも使われています)、これらはどんどん減っていく一方となりますから、シワ、たるみは加齢によっても増えていくわけです。

朝の洗顔の際に、私の母は、石鹸や洗顔フォームといったものを使いません。母は水以外のものを使わずに顔を洗う人なんです。母は、洗顔フォームを使って顔を洗うと、大事な皮脂が全部落ちてしまってお肌にダメージを与えるから水だけでじゅうぶんと、石鹸いらない説をよく話します。

そんな母のお肌は65歳でもピカピカしています。

Published in未分類