Skip to content

ここ数年のことですが、特に顔

ここ数年のことですが、特に顔のしわが結構深刻に気になってます。

内心特に何とかしたい気持ちでいっぱいなのは目尻の笑じわでしょうか。

目の周りにある皮膚は薄くてしわもできやすいなので、この部分のスキンケアにはずいぶん力を入れていますが、皮膚が薄いと、水分を留めておけなくて、乾燥しやすくなっているのです。そこで、しつこいくらいにクリームを塗り重ねたりし、何よりも保湿を大切にするように頑張っています。ニキビになってしまうと治癒してもニキビの跡が残ることが多々あります。あなたが悩めるニキビの跡を除くには、赤くなっているニキビ跡にはビタミンCを含んだ、美容液や化粧水をたっぷりと使って、色素が既に沈着のニキビの跡にはピーリングをすることが一番効きます。

あとピーの場合は湿度が低いことによるかゆみも起こることが多いなので、乾燥肌用の入浴剤を使ったり、保湿成分がたっぷり配合されているケアすることが望ましいですね。

例えば、軟水を使って洗顔したり、体のケアを行なうのも御勧めです。

軟水は肌を刺激する成分が入っていないことから、敏感なあとピーの人にとっては適しているのです。何かを食べることと、美しくなることは異なるように見えますが、実は大変近しいものですので老けないための食べ物を喫する豆類、穀物類、海藻類、野菜類、魚類、キノコ類、イモ類、乳製品や齢に負けないことができます。お肌のキメを整えるのに大切なのは肌の水分量を保つことです。

肌の水分量が減ると毛穴が気になってきます。毛穴をきれいにするに洗顔がとても重要です。

念入りに泡だてたバブルで、力をいれないで洗顔。また、3日おきに、ピーリングをすると皮脂のリペアを助けます。

それから保湿ケアを行い、毛穴を閉める、お肌のキメを整えて下さい。

寒くになって乾燥が酷いため、エイジングケアの化粧水にしました。

やはり年齢肌に注目した商品ですし、値段もするだけあって効きめを感じます。実際、化粧水のみで、肌がもっちりと水気を帯びるので、その後の乳液なども、厚みを少なくのばすだけでいい感じです。次の日の肌にハリが表れて、ファンデーションも美しくついて十分に感じるので、今後も使用を継続します。

若いという年齢を過信するのは禁物です。

自分の肌は大丈夫!なんて漠然と思っていませんか。それは危ない考えです。

22歳でシワがなかったとして、28歳でも同じ肌だと断言できるでしょうか。ただ年をとるだけでシワができると思っていたらエラーです。反復される乾湿や紫外線など外部刺激を受ければ容易に発生します。たとえ現状では出ていなかったとしても表皮より深いところでダメージが積み重なっているのです。誰だって素肌の年齢には自信を持っていたいもの。そのためにはアラサーの肌になる前から、先を見据えたお手入れをすることが大切です。

かゆみがあって、皮膚をしつこく掻き続けたり、花粉症の時のように、一日中何回も鼻をかんだりすると、そのことで肌は徐々に薄くなっていってしまいます。

肌の外側にあって外界に接している表皮は薄い層が重なった創りになっていて、引っ掻いたり擦ったりすると、薄い層はどんどん減っていくのです。

表皮は皮膚のバリアという大切な役目があるものの、これが薄くなってくるとそのすぐ下の真皮までダメージを受けることが多くなってしまいます。真皮までダメージを受けてしまうと、真皮は肌を支える力を失って、このようにしてシワ、たるみはできてしまいます。肌のお手入れを通じて気づいたことがあります。肌がピーンと張っていた人より、ぷるん&モチモチッとした肌のほうが小皺ができるのが遅いということです。

いずれシワシワになるとしても、若く見える年数が長いほど嬉しいでしょうね。

だからスキンケアは今現在シワがなくてもしっかり手入れしなくてはいけません。私も夏に炭酸水洗顔をはじめて、秋からいままで市販の炭酸パックを使っていますが、やわらかさを実感したのと同時期に目周りのメイク崩れがなくなり、シワも気にならないようになってきました。みなさんとスキンケアの話をしたときも、肌の柔軟性とシワの関係って「あるある」と盛り上がりました。

石鹸や洗顔フォームに重曹を加えて顔を洗うと、皮脂や汚れが落ちる上に、少しずつシミが気にならなくなってきたとの話題がウェブ上で広まっていますが、注意しないとお肌が傷ついてしまう危険性もあります。

重曹はどれくらい精製してあるかによって、掃除に使われるものもあれば、食品用や薬品用もあります。

もし食品用の重曹であっても洗顔の際に使うには粒子が荒いため、あまり力を入れて洗わないようにしましょう。

そして、洗顔の後は化粧水などのスキンケアによって、潤いを補充して下さい。

Published in未分類