Skip to content

肌を手入れするとき、乾燥シーズンは気をつけている人

肌を手入れするとき、乾燥シーズンは気をつけている人は多いようです。特に、皮膚の薄い目尻や目の下、口元などはシワやシミが出やすく、アレルギーやアトピー体質(体型や性格など、それぞれの要素がお互いに影響しあって形成されるといわれています)の人だと赤く腫れて、しつこい痒みに悩まされることもあるようです。乾燥防止の目薬を使っている人もいるようですが、肌にも潤いを与えてあげて下さい。私の場合、皮膚科で教えてもらったのですが、天然オイルで保湿をしっかり行うことで肌トラブルを未然に防ぐことができる沿うなので、目基にもオイルトリートメントをぜひ試してみて下さい。精製された天然オイル(アレルギーが出にくい)を使ったり、伸びが良いものなど、自分に合ったものを使用しましょう。お菓子はおいしいけれど食べ過ぎると肌のトラブルの原因になりますよね。

このような場合には同じ食べ物で解決しましょう。

肌トラブルに効果がある魔法の食べ物は納豆でございます。納豆に含有されるビタミンBが新陳代謝を推進してくれます。毎日一パック納豆を食べて皮膚トラブルを改善しましょう。

肌からビタミンCを吸収しようとして、レモンを直接顔に貼り付け、レモンパックをすることが流行ったこともありましたが、これはパックではありません。

かえって逆効果なので、すぐに止めましょう。

レモンオイルには光毒性があり、肌につけると、紫外線の刺激に敏感に反応する作用があるのです。シミを改善し、美白する効果をレモンに期待するのなら、食べたり飲んだりした方が賢明です。最近のトレンドと表現してもいいのでしょう、いろんな雑誌で記事になったりしている、ファスティングダイエット(女性なら誰でも一度くらいはしたことがありますよね)をこなしてみたら、3キロほど体重を減らすことができました。

少々つらい思いをするファスティングも「きれいになりたい」と気合で乗り越えられましたが、鏡の前に立って、しげしげと眺めてみたら、ダイエット(女性なら誰でも一度くらいはしたことがありますよね)で見かけは少しすっきりしましたが、顔のしわが確実に増えています。

しわが増えたことと、ファスティングダイエット(女性なら誰でも一度くらいはしたことがありますよね)と何らかの関係があるのかは不明ですけれど、何かあっても別におかしくはない、とも思いますし、ともかく、今はスキンケアを重点的に行うつもりです。美肌とウォーキングをすることは全く無関係のことのように思われていますが、本当は関係があると言われています。姿勢を正しくしてウォーキングすると、お肌へ血流が滞りなく流れるので、新陳代謝が活動的になり肌が美しくなれますし、高血圧や動脈硬化(血糖値、血中脂質、血圧などを測ることで、動脈硬化かどうかがわかるでしょう)などの成人病を防ぐことも効果があらわれます。

健康的で充分な水分を含んだ肌のキメは、細かくて美しいものです。

この「キメ」とは、肌の表面上を網羅する細い線である皮溝と、皮溝が区切る皮丘という部位で創られた模様のことをさします。この模様、キメが美しい肌というのは皮丘大きさのちがいがあまりなく整然とよく揃っています。

ところが、身体の外側にあり、バリアの役目をする表皮が乾燥しきった挙げ句に荒れてしまうと、キメの模様は形を保っていることができず、崩れていきます。

表皮が荒れて、バリアとしての機能が上手くはたらかないでいると、すぐ下にある真皮もダメージを受けてしまいます。

真皮がダメージを受けてしまうと、真皮のはたらきは肌を支える土台ですから、土台が損傷を受けることで肌は支えを失い、表面にはシワが出来ます。

秋冬になって肌の乾きが酷いため、エイジングケアの化粧水に置き換えました。

やはり年齢肌に特別に合わせた商品ですし、値段もするだけあって効果を実感します。実際、化粧水のみで、肌がもっちりと水気を帯びるので、その後の乳液なども薄くのばすのみで好感です。

翌日の肌にハリが表れて、ファンデも美しくついて大満足なので、今後も使い続けます。

私はいつも、美白に気を配っているので、時期を問わず1年中、美白タイプの基礎化粧品を利用しています。結局、使用しているのと使っていないのとではまったく異なると思います。美白タイプの製品を使い出してからはシワ、シミやくすみが予想以上に違和感がなくなりました。肌にシワができる原因は、細かく挙げれば色々なのです。

しかしながら、原因の一番大きなものとされているのが、乾燥です。水分不足で、肌が乾燥してしまうことで、これがシワの発生に繋がるのです。

顏の中でも目尻というパーツは、皮脂の分泌が少ない部分であり他より比較的乾燥に弱いことが知られており、他の部分に先駆けて、小ジワが出てきてしまうようなのです。また、加齢による自然な現象なのですが、皮膚の張りのための大事な構成成分・コラーゲンやヒアルロン酸が減少の一途をたどるばかりですから、シワ、たるみは加齢によっても増えていくワケです。

乾燥肌の人の場合は、毛穴が小さくかつ硬いので、少しでも皮脂があるとすぐに目詰まりします。乾燥肌はオイリー肌と同じでニキビが発生しやすい環境なのです。

肌の防御システムの機能が低下していますので、外からの刺激に対し敏感で、肌トラブルを起こしやすい環境でもあります。

出来るだけニキビや肌トラブルを未然に防ぐためにも、まずは乾燥肌を改善することが望まれます。

Published in未分類