Skip to content

肌を見ると、その人の年齢がなんとなくわかる気が

肌を見ると、その人の年齢がなんとなくわかる気がします。

肌ではなかなかサバは読めません。特にわかりやすいところは目の下でシワも増える一方ですし、クマもずっと離れませんので、年齢が進むに従い、この部位についての悩みを持つ人は、増える傾向にあります。そして肌のつややかさや張りが加齢によってなくなっていくと、肌はしぼんでシワとなります。顔に限定しますが、どこにできたシワで多くの人は悩むのか、ということですがこれは眉間、口の両端、目の下と目尻、アトは額などで、しわなんてどこに出来ても嬉しくないということは間違いないですね。肌荒れなどのトラブルは、いつ何時起こるのか分かりません。日頃から、きちんと肌手入れを行っていても、さまざまな原因で肌荒れを引き起こしてしまいます。それなら、肌荒れが起きたときのスキンケアは、どうすれば正解なのでしょうか?肌荒れの状態では、一切化粧品を使用しないといった人もいますが、保湿はいつもより念入りにする必要があるでしょう。

健康的で充分な水分を含んだ肌のキメは、細かくて美しいものです。この「キメ」とは、肌の表面上を網羅する細い線である皮溝と、皮丘という、皮溝で分けられた盛り上がり部分の連続によって、構成されています。

キメが細かくよく整った肌は皮溝に囲まれた皮丘に水分がふくまれ、形も均等によく揃っているものです。ところが、皮膚のバリアの役目を担う表皮が自身に含んだ水分を失い、乾燥して荒れた状態になると、皮丘はその形を乱し、キメは崩れてしまいます。表皮が荒れて、バリアとしての機能が上手く働かないでいると、すぐ下にある真皮もダメージをうけてしまいます。

真皮が傷むと、真皮には皮膚の土台としての働きがありますから、肌は支えを失って、肌表面にシワをつくります。

シミは、スキンケアの悩みの中でも多いです。年を取ったり、紫外線を浴びるなどの影響でメラニン色素が沈着するという原因で、その結果、シミが実年齢以上に年上の印象を周囲の人に与えてしまうようです。その上、顔に出てしまうととても気になりますが、肌の手入れで予防することもできますし、スキンケアが不十分でシミができてしまっても、他に方法はあります。

アンチエイジングというのは加齢と戦う抗加齢という意味で、若返りと間違っている人も多いのですが、、単純な若返りとは違い年齢の進行をできるだけ抑え、実際の歳より若々しく見せるという風に思った方が正しい考え方です。現在アンチエイジングは、基礎化粧品だけではなくて、サプリおよびホルモン治療の世界にまで発達しているのです。肌トラブルの中でもかゆみの原因は皮膚の炎症やアトピー性皮膚炎であることも少なくありません。

しかし、肌の乾燥が原因になっていること持たくさんあるでしょう。

とり訳日本の冬は乾燥しますから、テレビでも乾燥肌のかゆみ用のクリームを宣伝しているのをよく目にします。

これらを使用すると、かゆみが治まることがよくありますが、すぐ治らなければ皮膚科を受診することを勧奨します。私は乾燥肌なので、スキンケアにオイルを使うことが多いです。オイルを使ってのマッサージを行ったり、オイルを配合したパックを使ったり、さらに、クリームのかわりにオイルを使用しているので、乾燥しにくい肌になりました。常にツルツルとした肌になれて大変嬉しいです。

気がつけばいつの間にかアラサーになり、日々のしごとをこなしていたある日の事、なんとなく鏡を見て、さらにじっくり見てびっくりしてしまいました。

鏡に映りこんだ目の下のクマ、はっきり増えているシワ、これらが今の私の生活をそのまま表しているように思えました。この日から、私の心境に変化が生まれたのです。

どれ程疲れ切って家に帰ってきたとしてももう二度と洗顔しないまま眠りこんだりしません。ちゃんとケアをして、自分の肌を保護しよう、これ以上増やさないために、シワを予防しなければ、と決心したのでした。シミを消して肌を明るく見せる方法は様々ですが、私のオススメはプラセンタをぎゅっと凝縮指せた美容液を肌に染み込ませることです。

肌なじみがよく、奥まで染み込むのがしっかりと感じ取れます。

継続して使用しているとシミの色素が淡くなってきたので、すべてのシミがなくなるまで使うことにしました。たびたび顔を洗ってお肌の皮脂が常に足りない状態になると、その足りない皮脂を補おうとたくさん出すようになります。

顔を洗いすぎると、肌が乾燥状態になり、より数多くの皮脂を分泌してしまうこととなりますから、洗顔は適度を守るようにしてちょーだい。洗顔をした後は化粧水を使って十分な水分補給を忘れないで行うことが大切ですね。

Published in未分類