Skip to content

シミなどのお肌の悩みが年をとると一緒に

シミなどのお肌の悩みが年をとると一緒に多くなっていくのは、焦ってしまいますよね。

新陳代謝に優れた若い人たちの肌を見ると、ツヤがあってシミもなくキレイで、お化粧が映えてるなぁなんて思うと、羨ましいの一言につきます。

今この時からでも若い肌を保ち続ける努力をして、シミが増えてガッカリなんてことのないようにしたいなと思います。ご存知の通り、シミの要因は紫外線や老化といわれているので、UV対策とエイジングケアを忘れないようにします。

頬の毛穴の開きが加齢と一緒にひどくなってきました。

正面から顔を見てみると、毛穴がぽつぽつと目立ってしまうようになってしまいました。この毛穴、黒ずみをなんとか塞ぎたい、出来るだけ小さくしたいと思って、毎日のスキンケア洗顔を行っています。肌をひきしめる効果をもつ収斂化粧水で、パッティングをしていますが、少し引き締まっているように思います。

美顔器類には、イオン導入器や超音波美顔器、美顔ローラーのようなものもありますが、その中でも超音波美顔器やイオン導入器を選ぶといいのではないかなと思います。

スキンケアに使う化粧品は、肌のハリや弾力をリフトアップしてくれる成分を配合したものを特に選びましょう。成分としてあげられるのは、ビタミンC誘導体やヒアルロン酸(直接注射したり、ヒアルロン酸が配合された化粧品を使う他に、サプリメントで摂取する方法もあります)などが配合されている製品がたいへんお勧めです。

お肌にとって、摩擦刺激があまり好ましくないというのはよく分かっているつもりになりますが、それでも思わず、力まかせにぐいぐいとメイクを落としたり、ごしごしと洗顔フォームで顔を洗ったり、仕上げのクリームをこれもまたぐいぐい塗ってしまったりします。

メイクオフする際には、お化粧汚れとクレンジング剤を丁寧に溶け合わせるようにし、指の腹を使うように意識して、丁寧にソフトにおこなうのが大切です。何にしても、力を加減することが大切で、刺激を与えないよう、ソフトに指の腹で丸をくるくると描くようにする、と、まあ、それができれば理想的になりますが、ついそれを忘れて無駄な力を入れてしまい、お肌に摩擦刺激を与えてしまうのです。若々しくいたいと思うのは女ならある程度同意して頂けることだと思います。実年齢に比べて若く、とまでは言いませんが、思ったとおりエイジングケアは心にとめていたいものです。昔からよく活用されてきた馬油は保湿・殺菌力に優れ、血の流れを活発にする効果もあり、シワを消す効きめがあるのではないかと言われています。一般的に、肌のシミの犯人といえば紫外線ですが、ホルモンバランス(女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌の調整のことをいいます)の乱れもまたシミに大聴く影響しているということをご存じでしょうか。

実例の一つと言われているのが、近年、テレビなどでご存知の方も多い「肝斑」になります。

肝斑を引き起こすと言われているのが、ホルモンバランス(女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌の調整のことをいいます)の乱れで、この患者となりやすいのが妊娠中や出産後の女性であるということが明らかになっています。

それから、肝班をできやすくする行為としてピルという薬品の服用が挙げられ、紫外線によってできるシミよりも治療面において厄介であるという特質があります。

日傘に日焼け止めとちゃんとUV対策とスキンケアをしていたのに顔のシミはいつの間にかできています。がんばった甲斐がないなぁと思った人もたくさんいるはずです。沿うなってしまったシミを目立たなくするにはビタミンCを体に取り入れることです。体にビタミンCを摂り入れることによってシミは薄くなっていきます。とはいっても、ビタミンCを多く含むご飯だけをするわけにもいかないでしょう。そんな方はビタミンCのサプリを飲むのも白い肌への近道かも知れません。

ちゃんと洗っているのに頭皮が痒い、フケが気になるという方は敏感肌の可能性があります。そんな場合は普段使っているシャンプーの使用を控えましょう。

敏感肌でも安全に使用できるシャンプーは無添加石鹸になります。

余分な成分を除去しているので、肌にも髪にも優しく、刺激が少ないのです。ファンケルから出ている無添加スキンケアは、あのファンケルのスキンケア製品です。無添加化粧品の中で他の追随を許さない程の知名度を誇る企業ですね。こんなに多くの人に幅広く長い間愛用されているということは、それくらい商品の質が良いというほかはないと言えます。

皮脂分泌が多い肌の場合、潤いが十分な肌に見えますが、実は水分不足に陥っている状態、という場合が多いです。

肌の乾燥が表面化していないのは、オイリー肌の皮脂は次から次へと分泌がされていますので、外側のカサツキには至らない傾向にあるためです。しかし、肌のトラブルを引き起こすのはこの皮脂ですから、顔を洗うことで、適度に除去する必要があります。

Published in未分類