Skip to content

お肌にシミが多いと、年をとって見えてしまうで

お肌にシミが多いと、年をとって見えてしまうでしょう。シミの正体とはいったい何なのかといえば、表皮に現れたメラニン色素(メラニンともいわれ、動植物や原生動物が体内で生成する色素のことです)が表面から剥がれることなく蓄積されたものです。

ターンオーバーを正しく整えると少しはシミを目たたなくすることが可能となりますが、家庭やクリニックでピーリング(アルファヒドロキシ酸やサリチル酸などを使って、皮膚の古い角質層を剥がすことをいいます)をおこない、古くなった角質を除去すると、その効果をいっそう実感できるはずです。

とはいえ、ピーリング(アルファヒドロキシ酸やサリチル酸などを使って、皮膚の古い角質層を剥がすことをいいます)をし過ぎるとかえってお肌にダメージを与えてしまうことになるでしょう。

お肌にシミができる原因としてまず思い浮かぶのは紫外線ではありますが、もう一つのシミの元凶と言われているのがホルモンバランスの乱れです。

その主な症状の一つであるのが、最近、CMなどで耳にすることが多くなった「肝斑」になります。

この肝斑はホルモンバランスの乱れによってできるシミの代表であり、妊娠中とか出産後の発症率が高いことが特性です。

ピルの服用によって肝班の発症率は上昇すると言われており、紫外線によってできるシミよりも治療面において厄介であるといったことも他のシミとの大きなちがいです。とにかくキメ細かい美しい肌を維持するには肌の水分を保つことがとても大事になります。特に乾燥性の肌質の方は化粧水(その名の通りの水のようなものから、とろみのあるものまで、商品によって使用感も異なります)や乳液などはきちんと保湿してくれるものを選んでたっぷりと水分を与えてあげましょう。

丁寧に顔を洗ったらできるだけ早く肌にたっぷり化粧水(その名の通りの水のようなものから、とろみのあるものまで、商品によって使用感も異なります)をつけ、それから乳液やクリームをつけて保湿しましょう。肌荒れ時に化粧するのは、二の足を踏みますよね。化粧品の説明書きにも肌に異変を感じるときは、使用中止と言われていますし。

とはいったものの、紫外線対策だけは絶対にしておきましょう。化粧下地やパウダーなどを軽く付けておいた方が良いです。

なるべく紫外線をうけない生活を送ると良いでしょう。ここのところでは、美容に関する家電が普及していて自宅にいながら手軽にエステ並みのスキンケアができるのがとても嬉しいことです。私はエイジングケア家電に夢中です若いうちからコツコツと老化に関心を持ってケアしていると、数年後のお肌が違ってくるかも知れないと思うので、がんばっています。

肌のくすみを改善したい方はスキンケアの第一歩である洗顔を見直すことが必要かも知れないです。透明感のなさの原因は「角栓」。毛穴にたまっていないでしょうか?生活リズムの乱れなど、お肌の新陳代謝を妨げると、古い角質を貯金しているようなお肌になってしまいます。

そうならないような洗顔の方法としては、ぬるめのお湯を使って、肌の保湿成分が配合された洗顔料で泡で撫でるようにして洗ってください。週一回くらいは古い角質を取り除くことができるピーリング(アルファヒドロキシ酸やサリチル酸などを使って、皮膚の古い角質層を剥がすことをいいます)石鹸を使用するととても効果が期待ができます。肌のくすみが目たつ原因として糖分の摂り過ぎを疑ってください。

甘いものをたくさん食べる生活がつづくと、どんな化粧品を使っていても黄色いくすみや、シミが目たつことがあるのです。コラーゲンのはたらきが、過剰な糖と結合することで弱まっていると考えられます。

コラーゲンと糖の結合によって、老化を加速する物質が生じることをコラーゲンの糖化と呼んでいます。

肌のみならず、全身の老化を進めないよう、甘いものは控えてください。

最近、自身の毛穴の黒ずみの対策として、クレンジング、洗顔を違うものに変えました。地中海の泥が入っ立というクレンジングで、これで丁寧に優しくマッサージをしながら洗顔をすると、毛穴の気になる汚れがしっかり落ちるのです。持続して使っているうちに、目立っていた黒ずみが気にならなくなってきました。そうして、早く顔中の毛穴にある黒ずみを減らしてしまいたいと思います。

年をとるごとにお肌がたるんできたなと感じるものです。そのように思ったら、お肌のお手入れで保湿をしっかりして、マッサージクリームなどを使いセルフケアをして、たるみが改善するように頑張りましょう。それを実行するだけでも、けっこう違うので、面倒くさがらずやってみることを推奨します。ちゃんと毎日髪を洗っているのに頭が痒い、フケが増え立という方はひょっとすると敏感肌の可能性もあります。そんな時はいったん手もちのシャンプーを使うことを控えましょう。敏感肌に最適なシャンプーは無添加石鹸なのです。余分な成分が入っていないので、肌にも髪にも優しく、刺激がほとんどありないでしょう。

Published in未分類