Skip to content

アラサーと言いつづけて5年、つ

アラサーと言いつづけて5年、ついに私の顔にもシミがちらほら見られるようになってしまいました。

原因はよくわかっていて、無防備な日焼けのせいです。靴をはけるまでに成長した子供と平日は二人で、休日は夫とともにおきにいりの公園に行ってました。お出掛けの準備は戦争です。

子供のもち物を揃えるだけで一仕事、まあいいかと若さゆえの根拠のない安心感でその通り出かけてしまっていました。でも、いくら時間が無くても、日焼け止めくらいは塗らなくてはいけませんよね。後悔先に立たずですから。ニキビとは皮脂が毛穴を詰まらせて、その中で炎症が起きている状態です。

乾燥肌の人の場合皮脂が少ないから毛穴のトラブルは起こらないように思われますが、現実はちがいます。

皮脂の分泌量が、あまりにも少ないとお肌は乾燥しないように数多くの皮脂分泌をしてしまいます。その結果として、毛穴が目詰まりを起こしてしまってニキビがになるということです。梅雨の季節に心配なこと。

それはカビではないでしょうか。人の肌に住んでいる常在菌も、高温多湿という環境下では増えるのが当然でしょう。真菌の一種である、マラセチア菌が原因とされるいわゆる「でん風」という皮膚病がありますが、これは顔、腕、足、おなか、背中。つまり、どこに出る可能性もあり、なのです。一見、シミのように見える茶色いでん風もありますが、そこだけ色が抜けたように真っ白になってしまう場合もあります。違和感を感じるようなシミを見つけたら、迷わず、皮膚科へ行ってみるべきです。日焼けした肌って、明るくて活動的な印象を演出してくれますが、肌を焼きたいけどシミができるのは嫌と悩む人も多いです。今よりシミが増えたら困るのなら、できるだけ肌を焼かないように気をつけましょう。

シミにさよならする為には、しっかりと日焼止めを塗ることです。

あとは、帰宅してからのケア。

速やかにローションなどでお肌が炎症を起こすのを軽減指せましょう。

先日、前から気になっていた毛穴の黒ずみとして、洗顔クレンジングを変えてみました。地中海の泥が配合されているクレンジングで、これを使用して優しくマッサージをしつつ洗顔をすると、毛穴にある汚れがしっかり落ちるようです。持続して使っているうちに、目立っていた黒ずみが減ってきました。沿うして、早く顔中の毛穴にある黒ずみを減らしてしまいたいと思います。肝臓は、お肌と密接な関係を持っています。

肝臓では、血液をとおして体内に入った物質や産生された物質を代謝・分解することで、有害な物質を解毒する役割を果たしています。肝臓が十分解毒してくれないと、有害物質は全身の血管をとおして体内に回り、お肌を流れる血液も汚れて、お肌の調子も悪くなります。肝臓に負担をかけないようにしていくことが、お肌を内面からキレイにするキーポイントなのです。とにかく朝は時間が多くないので、スキンケアに時間が足りない人も多くあると考えます。

朝における一分は結構大切ですね。

しかし、朝の肌ケアをしっかりしていないと、げんきな肌で一日を保つことができなくなります。

より良い一日にするためにも、きちんと朝にスキンケアを行ないましょうここ最近話題の一日一食健康法ですが、どんな若返り効果があるのか気になる人も多いのではないでしょうか。食べ物を欲している状態になるとホルモンの分泌量が増加するとされていて、それにより若返り効果があることがわかっています。

例をあげていうと女性ホルモンが増えると、シワやたるみの出現をおさえるなどです。

多くの女性の場合、老化が進むにつれて肌のシミ、角質といった悩みが生じてきます。誰にでもおこる自然な現象でもありますが、やはり実際の印象としては良くないものになってしまいます。とはいえ、スキンケアにより改善の可能性は充分あります。怠らずに毎日のスキンケアをつづけて、美しく若々しいお肌を再び手に入れましょう。私の母は、顔を朝洗う時、石鹸や洗顔フォームで洗うことはありません。母が洗顔するときに用いるのは水だけです。母は、洗顔のときに石鹸や洗顔フォームを使うと、貴重な皮脂が全部落ちてしまってお肌のためによくないから水だけでかまわないという石鹸不必要説をよく私に語ってくれます。

そんな母のお肌は65歳で持つるつるしています。

Published in未分類