Skip to content

洗顔を終えたばかりの10秒間はコツ

洗顔を終えたばかりの10秒間はコツコツスキンケアを続けている人にとっては特に、大変大事な時間だということを覚えておきましょう。お風呂、あるいやシャワーの後だったり洗顔フォームや洗顔石鹸などで、しっかりと洗顔をした後の肌は、いわば、幾らでも水を吸い込む砂漠のような状態にあります。短いですがとても貴重なこの時間に何もしないでいるのはとても残念なことですし、大事な時間に何もしないでいることの積み重ねは、その分肌へのダメージだと考えてもい幾らいです。洗顔を終えたら、タオルでさっと水気をとるくらいにして、化粧水をたっぷり、肌に吸わせて効果的なケアを行ないましょう。いろんな人を見て、個人的に実感してることですが、顏のシワがはっきりしてくるのはだいたい38歳くらいかなと思っています。このくらいの年齢になると本当に実感するのですが、なかなか疲れがとれなかったり、目の下からどいてくれないクマや、見たくもないほうれい線がなんだか急に存在感を大きくしてきた気がします。38歳以前は、肌が疲れているな、と感じても、ケアを施せば次の日、疲れがとれていたと思います。でも、38歳になった途端、肌がいい状態に戻るのに、少し時間がかかるようになり、ずっと疲れたままになっていることが増えてきたように感じています。かつて一世を風靡したガングロがここにきて二度目のブームの予感です。一つの形として根付きつつあるとも思えますが、心配なのはお肌のシミです。誰でもではないと思いますが、ある程度ガングロを続けてからガングロを卒業した場合、ケアしていた人よりも多くのシミが目立つようです。食べ物と美容は切っても切れない関係にあるので、老いに逆らう食べ物を可能です。シイタケやイモ類、ゴマのような野菜、豆類、海藻や魚のような魚介類、ヨーグルトなどの乳製品、玄米や色の強い野菜のなかでもナス、トマト、タンパク質をしっかり年齢に逆行することが可能です。ニキビを引き起こすものは毛穴に汚れがたまることにより、炎症を引き起こしてしまうことです。頻繁に手で顔を触る人はやめましょう。通常手には汚れがたくさん付着していて、その手を顔にもっていくということは顔を汚しているのと同然です。疲労に年齢を感じることはあったのですが、最近は肌に年齢を感じるようになってきました。笑ったときに目元に集中するようなシワが多く、なかなか消えなくて、む知ろ定着している感じで、とても心配です。

そのあたりのお手入れは、夜遅く帰宅しても、ちゃんとしているつもりです。

目元・口元は年齢が出やすいといわれているので、専用ジェルやクリームを使って効く保湿を怠らなかったのですが、アンチエイジングをまじめに考えようかと思っています。乾燥肌のため、基礎化粧品はオイルを使うようにしています。

オイルを使用してマッサージをしたり、オイルを使用したパックをしたり、さらに、クリームの換りに普段からオイルを使用することにしているので、乾燥とは無縁の肌になりました。いつでもツルツルの肌になれて大変嬉しいです。

40歳以降のお肌のしわケアについて、困っているという声が多数あるようです。適当な潤いを肌に与えないと、しわが多数発生するようです。

洗顔後に化粧水をたっぷりコットンにとって、パッティングしても良いでしょうが、回数を重ねすぎると、お肌には良くないと最近言われ初めました。コットンに適量の化粧水を染み込ませて力は入れないでパッティングするほうが良いかも知れません。健康的で充分な水分を含んだ肌のキメは、細かくて美しいものです。

この「キメ」とは、肌の表面上を網羅する細い線である皮溝と、皮溝に囲まれた小さい部分である皮丘が織り成す模様のことです。キメの整っている肌の表面では皮丘大きさのちがいがあまりなく整然とよく揃っています。ところが、皮膚のバリアの役目を担う表皮が乾燥し、荒れると、キメの模様は形を保っていることができず、崩れていきます。表皮が荒れて、バリアとしての機能が上手にはたらかないでいると、表皮が守るべき真皮も、ほどなく損傷をうけることになるのです。

真皮が傷むと、真皮には皮膚の土台としてのはたらきがありますから、肌は支えを失って、肌表面にシワをつくります。

シミを撃退する飲み物というとローズヒップティーです。ハーブティーのなかでも有名ですよね。酸っぱくてその通りでは摂れないレモンの数十倍のたっぷりのビタミンCが摂取できる飲み物で内側からのUV対策となり、美しい肌に欠かせないコラーゲンの生成を促進してくれるので、シミ、そばかすを抑え、クリアな肌を手に入れられます。体の内側の酸化の対抗力にも優れていて、アンチエイジングにも有効です。

Published in未分類