Skip to content

前に、美白重視のスキンケア製品

前に、美白重視のスキンケア製品を活用していましたが、肌とすれちがいになり、保湿とアンチエイジングに主眼を置いた製品へチェンジしました。

化粧水がいくつも種類あるのに第一歩は戸惑いましたが、真冬でない場合には洗顔後のスキンケア方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)はこれのみでOKです。冬場には夜間のケア時にクリームを塗布するだけという簡単なものになりました。アラサーと言いつづけて5年、ついに私の顔にもシミがあっちにも、こっちにも出てきてしまいました。何故こんなことになってしまったのか?ワケはひとつしかありません。

日焼けによる紫外線のダメージです。出産後、歩けるようになったコドモと、毎日のように一緒に近所の公園で太陽の下、おもいきり遊びます。

二人分の支度は意外と手間がかかるものです。

まあいいかと若さゆえの根拠のない安心感でそのまま出かけてしまっていました。紫外線は帽子だけでは防げませんから、地面からの反射を防ぐにも日焼け止めを塗ろうと思います。煎茶や玉露などの緑茶はカテキン(高濃度の茶カテキンを摂取することで、脂肪の燃焼を促進し、ダイエット効果が得られるそうです)を多く含んでいます。カテキン(高濃度の茶カテキンを摂取することで、脂肪の燃焼を促進し、ダイエット効果が得られるそうです)は、加熱などでビタミンCが壊れることを防ぎ、ビタミンCの効果をさらに高めてくれます。いつまでも色白のお肌を保つためには有効なビタミンCをたくさん摂りたいところなので、カテキン(高濃度の茶カテキンを摂取することで、脂肪の燃焼を促進し、ダイエット効果が得られるそうです)とビタミンCの両方を同時に摂取することが可能なので、肌にメラニンが増え、シミの原因になることを抑制する効果があります。

お肌のケアについて悩む事はないですか?トラブルのない綺麗で強い肌を手に入れるためには肌トラブルの元を確実に突きとめてきちんとケアすることが重要です。生活習慣や食べ物が原因の事も多々ありますが、アレルギー性の肌トラブルという事も考えられます。いろいろなスキンケアを試したけどいまいちという方は、スキンケアの「機会」を逸しているのかも知れません。立とえば洗顔料で丁寧に洗ったあととか、お風呂から出たばかりの肌って素肌は吸い付くようにしっとりしているでしょう。ゆったり気分になるのも当然です。でも、怖いほど確実に乾燥へと傾いているんです。

ゆでた野菜があっというまに乾燥するのを思い出してください。毎日繰り返してダメージを蓄積していると、しわや乾燥の影響が遅かれ早かれ出てくることでしょう。

わかればもう簡単ですね。

洗顔後は顔を拭いたら時間を置かずに化粧水(保湿効果のあるもの)やライトな乳液などで水分をしっかり与えてあげましょう。どんどん吸い込んでいくはずです。美白効果を期待して、レモンを直接顔に貼り付け、レモン果汁とオイルでパックする方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)が流行ったこともありましたが、これはパックではありません。

かえって逆効果なので、今は誰も勧めていません。レモン果皮の成分を肌につけて紫外線に当たると、皮膚が紫外線に敏感に反応してしまいます。シミをできにくくする効果をレモンでねらうならば、食べたり飲んだりした方が賢明です。適度に日焼けした小麦色の肌は、健康的で明るく若々しさを相手に与えられるものですが、小麦色の肌には憧れるけど、シミは困るという悩ましい一面があります。

今よりシミが増えたら困るのなら、極力日焼けをしないようにするしかありません。

シミ対策で最も需要なのは、日焼け止めを入念に塗ること、あと、自宅に着いたらローションなどで肌が炎症を起こす前にケアすることです。秋冬になって乾燥が過酷なため、エイジングケアの化粧水に置き換えました。案の定年齢肌に特化した商品ですし、値段もするだけあって期待したどおりの結果を感じます。化粧水でも肌がもっちりとしめるので、その後の乳液なども薄く広げるだけでいい感じです。

次の日の肌にハリが出て、ファンデーションも美しくのって大満足なのでこれからも使用します。炎症といった肌トラブルが起きますと、気がついたらシミになっていたなんて事があるものです。

例えば、よくきくのに日焼けがあります。

ぴりぴりして嫌なときだけでは無くて、痛まないときでも実は、軽度の炎症が起こっています。スキンケアの基礎とは、日焼けをしないことなのかも知れません。シミがお肌にできるのは、年齢もありますし、紫外線によるものが主な原因になりますが、疾患が原因の可能性もあります。

もし、いきなり日増しにシミが目たつようになってき立とすれば、疾患が起る前であったり、あるいは、病気が進行している恐れがありますので、できればすぐに病院で相談する必要があります。

Published in未分類